人材を雇うときには雇用契約にするか業務委託契約にするか、雇う側が選べます。最近はどんどんと業務委託契約が多くなってきていると言われていますが、それにはもちろん理由があります。業務委託は雇用契約とは違って長期的にその人を雇い続けなくてはいいですし、雇う方も雇われる方もどちらも気楽に契約を打ち切ることができて便利です。気が楽で負担が少ないというのが、この契約方法のメリットだと言えます。
負担が少ないと言えば、経済的にもそうです。雇用契約では社員となる人間の社会保険費は、雇う側が半分持たなければなりません。社会保険費は半額といえども軽い負担ではありませんし、それがまったくのゼロになるのですから素晴らしいですね。必要なときに必要なだけ人材を確保できるので、スピード感が重要なIT業界では重宝されている契約方法で、今の時代は多くがこの契約によって働いているとされています。契約社員やフリーランスエンジニアはほとんどが業務委託契約か請け負い契約をしているのが現状で、その数は正社員の数をも上回り始めています。今後もこのスタイルでの仕事の募集が増加していく傾向にあると言われていますし、まさに時代を映す働き方なのだと評価してもいいでしょう。年収もギリギリまで削られることが多いですから、こうしたスタイルで仕事をしている人は、ダブルインカムを実現してみるだの投資をしてお金を増やすなどの仕事とは別の努力も必要になるかもしれません。
もしこれから会社を退職してフリーランスを目指す方は、予めこういった背景も知って必要がありそうです。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*